k-likework

息子を育て、自分も育つ。LIKEWORKで生きるためのブログ

Linux OS起動時に特定のプロセスを自動起動する方法

メモ:Linux OSを再起動したら特定のプロセスも自動起動してほしいとお客様の要望を受けて…のメモ

Linux OS起動時に、特定のプロセスを自動起動する設定手順

1. 起動スクリプトをサーバに配置する

特定のプロセスを起動するスクリプトを用意して、対象サーバに配置

# /tmp/配下に配置例
[root] ls -la /tmp/

2. スクリプトを/etc/init.dに配置する

[root] cp -p /tmp/<スクリプト> /etc/init.d/
[root] chkconfig --add <スクリプト>
[root] chkconfig --list
-->スクリプトが/etc/init.d/に配置されたことを確認する

3. Linux OSの動作モード(ランレベル)を設定する

[root] chkconfig <スクリプト> on
[root] chkconfig --list
-->ランレベル2~5がonになったことを確認する

4. スクリプトで特定プロセスが起動することを確認する

5. スクリプトLinux OS起動時に自動的に実行されるコマンドとして設定

[root] vi /etc/rc.local

-->下記を追加する
./<スクリプト> start

6. Linux OS起動時に対象のプロセスが起動することを確認する

[補足] スクリプトを/etc/init.d/配下から削除する場合

[root] chkconfig --del <スクリプト>
[root] chkconfig --list
-->スクリプトが/etc/init.d/にないことを確認する